ニキビ跡治療 こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

肉割れ・妊娠線治療

こじまクリニック東京の肉割れ・妊娠線治療の特徴

当院ではプラズマ治療の単独治療、あるいは炭酸メソセラピーとの併用にて治療を行っております。

プラズマ治療

プラズマ治療は皮膚の引き締め効果とコラーゲン増生作用があり、徐々に肌再生され、白く凹んだ肉割れ・妊娠線が目立たなくなっていきます。

治療間隔も数ヶ月に1回とインターバルが長めにしているので遠方の方でも受けやすいのがメリットです。
デメリットは炎症後色素沈着や施術部の淡い赤みがしばらく残る点です。

炭酸メソセラピー(CO2メソセラピー)

二酸化炭素ガス(CO2)をを皮膚内に注入することで真皮のコラーゲン増生、血行促進、皮下脂肪やセルライトの減少などに効果的です。
針跡や点状出血点以外は表面的なダウンタイムも軽いのがメリットです。

単独治療では2週に1回くらいの頻度で治療回数が10回以上要するのがデメリットです。
炭酸メソセラピー単独治療よりもプラズマ治療との併用治療を行うことが多いです。

基本的に当院では6回前後の肉割れ治療を考えております。
皮膚自体のたるみを伴う方や深い肉割れの方などは回数がかかる傾向にあり、個人差はありますのでご了承ください。

肉割れ・妊娠線治療の流れ・様子

1.カウンセリング

ご予算や許容できるダウンタイム、治療間隔をカウンセリングで相談し、施術内容と施術範囲を決定します。約10分程度行います。

2.会計(お支払い)
3.着替え

当院に専用の着替えのご用意がございます。

4.表面麻酔

施術まで30分程度、麻酔クリームを塗布します。

5.施術(プラズマ治療)

ご希望の範囲の肉割れ・妊娠線にプラズマを照射していきます。
施術範囲により30-60分程度かかります。

5.施術(炭酸メソセラピー)

極細針で肉割れ・妊娠線に二酸化炭素(CO2)ガスを注入していきます。
施術範囲により10-20分程度かかります。

6.冷却、成長因子パック

患部を冷却および成長因子パックを行います。軟膏を塗布した後に着替えていただき帰宅となります。

肉割れ・妊娠線治療Q&A

Q.カウンセリングと同日施術は可能ですか?

A. 遠方の方も多くいらっしゃいますので、カウンセリングと同日施術も行っています。
ただしご予約の際に施術を受けるか否かは決めていただいております。

Q.施術時間はどれくらいかかりますか?

A. カウンセリングが10分程度、麻酔クリームが20〜30分、施術時間は範囲によって異なりますが、30-60分ほどかかります。
トータルで長くて1.5時間ほどになります。

Q.費用はどれくらいかかりますか?

A. 施術料金は一部位4.8万円〜7.3万円と範囲によって異なります。広範囲の施術をご希望の場合は1日で最大3部位まで可能ですがご相談の上、施術範囲と料金を決めております。
詳しくは自由診療料金表をご参照ください。

Q.施術は痛いですか?

A. 麻酔クリームを行いますが、ある程度痛みを伴います。

Q.何回くらい治療回数が必要ですか?

A. 肉割れ・妊娠線の重症度によって異なりますが、プラズマ治療で約6回くらいを治療の目安としています。炭酸メソセラピーの単独治療では数十回という治療回数がかかってしまいますので、プラズマ治療との併用治療を行っています。
肉割れは治療しても完全に正常な皮膚に戻るということはありません。色調の違いや皮下脂肪・セルライトなどでできる微妙な凹凸は残ります。

Q.治療間隔はどれくらいあけたらよいですか?

A. 肌質にもよりますが、2ヶ月はあけてください。
治療後は赤みや色素沈着が生じる場合がありますので、その場合はさらに治療間隔をあけてください。
治療間隔があいても治療効果が下がることはありません。

ダウンタイムはどれくらいですか?

A. プラズマ治療の場合は淡い赤みや色素沈着が1-数ヵ月続くことがあります。炭酸メソセラピーの場合は2週間ほど点状出血や内出血が生じることがあります。
年齢や体質によっても個人差があります。