ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

尋常性白斑

尋常性白斑(しろなまず)

尋常性白斑(しろなまず)保険診療について

皮膚のメラニン色素を作るメラノサイトが破壊されて、白く色が抜ける疾患です。ステロイド外用剤などの治療および紫外線治療(ナローバンドUVB)が中心になります。(保険診療対応)

尋常性白斑(しろなまず)自費診療について

通常の治療に抵抗する場合や顔面の白斑などに対しては、ミニグラフトやサクション・ブリスター植皮(吸引水疱植皮)などの植皮を行うこともあります。

ミニグラフトは健常部皮膚から1mmサイズの皮膚をくりぬいて白斑部に植え付ける治療です。ミニグラフトは傷が小さくすむため傷がほとんど目立たないのがメリットです。治療後も紫外線治療を継続することで植皮した部分から周囲に色素が広がっていきます。

サクション・ブリスター植皮(吸引水疱植皮)は健常皮膚に数時間陰圧をかけて水疱をつくり、できた水疱の薄い皮膚を白斑の部分に植皮する治療です。

ミニグラフトもサクション・ブリスター植皮もうまくいけば効果的な治療ですが、植皮した部分から色がでなかったり、皮膚を採取した部分の色がぬけたりする可能性もあるため、病勢が落ち着いている方に限られてます。これらは自費診療になりますので、難治例かつ範囲が限局するタイプの白斑で行います。また、植皮後も紫外線治療を定期的に行うことが必要になります。

料金表

白斑 ミニグラフト法(田植え植皮)

施術 料金(税別)
試験的植皮(数カ所) 18,000円
500円玉範囲まで(顔首) 53,000円
500円玉範囲以上(顔首) 応相談