ニキビ跡治療 こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

皮膚腫瘍(粉瘤、脂肪腫など)

皮膚腫瘍(粉瘤、脂肪腫など)

主な症状

ほくろ、いぼ、粉瘤、脂肪腫など皮膚腫瘍といってもさまざまです。皮膚科専門医の診察を受けていただき、手術が必要かどうかを判断します。ダーモスコピーという拡大鏡、手術による病理検査などが必要になる場合もあります。

粉瘤や脂肪腫は徐々に大きくなり、整容的にも目立ってきます。時に化膿して痛みを生じますので、なるべく小さいうちに手術した方が傷跡も小さくすみます。

主な治療方法

ほくろやいぼについてはサイズによって手術とレーザーを使い分けています。当院では一部の皮膚がん(基底細胞癌やボーエン病など)についての手術も可能です。

粉瘤の日帰り手術について

粉瘤は表皮嚢腫とも呼ばれ、皮膚のできものの中でも頻度の高い良性腫瘍になります。
最初は青みがかった小さなしこりですが、徐々に増大し隆起してきます。

粉瘤は袋状の嚢腫壁と内部に角質なので粥状物が入っています。
粉瘤は放っておきますと大きくなりますし、しばしば細菌感染(化膿)を伴ったり、異物反応を起こしたりします。
粉瘤に炎症が起こると赤く腫れあがり、痛みがでてきます。
治療としては炎症性粉瘤(感染性粉瘤)であれば小切開、抗生剤の内服を行います。
炎症がない粉瘤であれば手術で摘出します。
1-2cm程度の小さな粉瘤であればくりぬき法と呼ばれる手術でも摘出可能ですし、傷跡も小さくすみます。
それ以上の大きな粉瘤であればくりぬき法では完全除去が困難なため、切除縫縮が必要になります。
粉瘤は嚢腫壁が残存すれば再発率が高くなりますので、症状やサイズに応じてくりぬき法あるいは切除縫縮を使い分ける必要があります。
手術に関しては局所麻酔下に行いますので日帰り手術が可能です(保険診療)。
手術時間は10-30分程度になります。
手術から約1週間後に抜糸を行います。

小さいサイズの粉瘤

大きいサイズの粉瘤

炎症(感染)を伴った粉瘤