ニキビ跡治療 こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

プラズマ治療

治療対象

  • ニキビ跡・傷跡
  • 肉割れ・妊娠線
  • 目元・口元の小じわ、たるみ
  • アンチエイジング(くすみ、小じわ、毛穴)

当院では特にアンチエイジングやニキビ跡、肉割れ・妊娠線などの傷跡治療で使用します。

器具を用いた手作業による施術と機器を用いた機械作業による施術をお悩みに応じて使い分けています。

プラズマを照射すると皮膚の局所的なひきしめ、ターンオーバーの促進、軽いピーリング作用、コラーゲン・エラスチンの増生促進、アクネ菌の殺菌、皮脂抑制などの作用が得られます。
当院のプラズマ治療には機械作業と手作業の2種類の施術があり、両者を用途に合わせて使い分けることで効率よくニキビ跡・傷跡やアンチエイジングの治療において高い効果を発揮します。




プラズマ治療

副作用・ダウンタイム

強い赤み 2-5日
かさぶた 5-7日

治療間隔・治療回数

当院では4-6週おきに6回を1クールとしています。
ご希望があればさらに継続して行うことも可能です。
肌質改善、アンチエイジングに関しては定期的なメンテナンス治療としておすすめです。
この治療は、1回ですべての症状を改善するのではなく、複数回の治療を継続することによって、少しずつ症状が改善していきます。

リスク・注意事項

施術後かさぶたが形成されますので、自然脱落するまで温存していただき、できるだけ3-5日程度はメイク、クレンジング、洗顔料のご使用はお控えください。
施術後は外用剤を使用していただきます。
施術前後1か月は脱毛、ケミカルピーリング、レーザー治療、光治療、アートメイクなどはしないでください。
施術後に淡い赤みや色素沈着などの症状を呈することがあります。施術後は紫外線防御を徹底してください。