ニキビ跡治療 こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【毛孔性苔癬】腕のざらつきに対するピーリング+脱毛の治療

【毛孔性苔癬】腕のざらつきに対するピーリング+脱毛の治療

二の腕などに生じる腕のざらつき

遺伝的な要因で思春期に生じて成人後徐々に消退していくと言われている「毛孔性苔癬」という体質のような皮膚疾患があります。
成人後はすっきり消えるかというと、意外としつこく残るケースもあります。

保険診療では主に外用剤による対症療法がメインになります。
市販品でもざらつきをとる商品がいろいろと販売されているかと思います。

当院では保険診療や市販薬で改善しない方に対しては
ケミカルピーリング+医療レーザー脱毛を行っています。

ケミカルピーリングはグリコール酸を用います。
医療レーザー脱毛はアレキサンドライト、ダイオード、ヤグの3波長同時照射のソプラノアイスプラチナムを用いて蓄熱ではなくワンショット照射で強めに照射します

毛孔性苔癬(両二の腕)
ケミカルピーリング+医療レーザー脱毛 で 1回 16500円(税込)
1-2か月に1回のペースで行います。
*診察料は別途

リスクとしてレーザー脱毛による硬毛化という現象がまれに生じることがあります。
また施術後に淡い赤みや毛嚢炎・ニキビが生じる場合があります。

ご希望の方はクリニックまでご相談ください。

投稿日:2020年3月7日|カテゴリ:アンチエイジング, 院長コラム