ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【ニキビ跡】自己真皮フィラーの治療の流れ

【ニキビ跡】自己真皮フィラーの治療の流れ

①体幹の非露光部から3-4mmの皮膚を採取します。範囲が広い場合は数か所採取する場合もあります。丸いメスでくりぬきますので丸い傷跡になります。この部分は貼付剤を貼り湿潤療法で治します。だいたい1-2週で傷がふさがります。

 

 

 

②特殊な機器を使用して採取した真皮組織を微細に粉砕します。硬い真皮組織が注射できるフィラーになります。

 

 

 

 

 

 

 

③完成した自己真皮フィラーです。

 

 

 

サブシジョン(炭酸メソ)を併用するので少し赤みがでますが翌日には赤みがひくと思います。くぼみが強い部分は部分的にヒアルロン酸を併用します(これはサービスになりますので私に使用量は一任していただいております)翌日以降は少し針跡が数日と軽度の腫れが数日残ると思います。

自己真皮フィラーは3-6カ月かけてゆっくり真皮成分が増えてきますので即効性はありません。徐々に瘢痕の質感をよくする治療です。

 

 

 

 

 

 

投稿日:2018年6月19日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム