ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【毛穴の悩み】メイクとスキンケアによる違い

【毛穴の悩み】メイクとスキンケアによる違い

毛穴を気にされる女性は本当に多い。毛穴の悩みはニキビ跡のサイズと比べるとごくごく小さなものです。

どの治療を受けたら毛穴は消えるのかとよく聞かれることがあります。

どんな高性能なフラクショナルレーザーやRF治療、プラズマ治療、ピーリングなどなど色んな治療が世の中にはありますが、毛穴が消えるものはありません。毛穴も含め肌全体がひきしまり、キメが整い、全体としての肌質がきれいにはなりますが、永続的なものではありません。皆様平等に肌細胞は老化していきます。

施術は1カ月おき、数カ月おきにされるかと思いますが、皆様は日頃のスキンケアをしている時間の方が圧倒的に長いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は同じ年齢の方ですが、毛穴の見え方はずいぶん違うと思います。何度も書きますが毛穴レスとは言っても毛穴は必ずありますし、治療しても消えるものではありません。

①リキッドファンデーションなどカバー力の高いメイクをして、しっかりオイルクレンジング+洗顔料で毎日すっきり汚れ(メイクも皮脂も)を落とす方

②普段はパウダーファンデーションなどほとんど肌に負担のかからない、毛穴に埋まらないメイクをして軽いクレンジングや洗顔料でOKな方

メイクやスキンケア方法を比較するとやはり①の方が乾燥が強くなります。毎日落としにくいメイクとともにご自分の保湿成分もすっきり洗い流さざるを得ないのです。毛穴を隠すためのカバー力のあるメイクは、毛穴を気にされ治療するのであれば控えた方がよいと思います。

女性は毎日メイクとメイクおとしをされます。何十年も同じ習慣を続ければ肌質はずいぶん違うものになると思います。保湿はしていますと言われることがありますが、保湿が不十分、あるいはメイク落としが強すぎる方は肌質をよい状態でキープできる状態ではないと思います。

当院でも肌に負担のかからないファンデーション、下地、サンスクリーンの取り扱いをしております。ご希望の方はサンプルもご用意がございますのでお声がけください。

投稿日:2018年5月18日|カテゴリ:ドクターズコスメ・サプリメント, 院長コラム