ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【ニキビ跡】隆起した瘢痕(肥厚性瘢痕、ケロイド)について

【ニキビ跡】隆起した瘢痕(肥厚性瘢痕、ケロイド)について

ニキビ跡というと陥凹したくぼんだニキビ跡をイメージされる方も多いかと思いますが、隆起したニキビ跡もあります。

鼻やフェイスラインから首にかけて好発するように思います。

医学的には肥厚性瘢痕かケロイドになります。いずれも治療可能ですが、これも傷跡になりますので完全に消す(完璧なフラット)ことはできません。

しかし、治療していく中でなだらかになり目立ちにくくはなっていきます。
下のモニター様も小鼻の上にもりあがったニキビ跡(アイスピック型の混在)があります。
治療を重ねていくうちにゆっくりなだらかになります。治療1回で平坦化するものではありませんのである程度治療回数とインターバルが必要です。

保険診療でもステロイド注射は可能ですが、深めに注射してしまったり量が多かったりすると逆にくぼんでしまうことがありますので注意が必要です。また、真のケロイド体質の方、隆起する傾向の強い方はトラニラスト(リザベン)内服していただいております。

投稿日:2018年5月17日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム