ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【傷跡】ステロイド注射後の脂肪萎縮の治療経過

【傷跡】ステロイド注射後の脂肪萎縮の治療経過

皮膚疾患に限らず、ステロイド注射はよく行われる治療ですが、注射量が多かったり、頻度が多かったり、注射する層が深ければトラブルが生じるケースがあります。

皮膚症状で起こるトラブルのうち、最も治りにくいのが脂肪萎縮(陥凹した皮膚のくぼみ)です。これはなかなか治りません。

当院でもステロイドによる脂肪萎縮の方を何人か診ていますが、

・切除縫合(範囲が小さければ):手術痕とひきかえになります。
・プラズマ治療+イノジェクター(広範囲、多発する場合):治療回数と治療期間を要します。

のうちいずれかを行うことが多いです。

下もモニター様はプラズマ治療+イノジェクターで3回施術しています。1年かかっていますが、かなり改善しているように思います。ここで一旦治療は終了しております。

施術内容:プラズマ治療+イノジェクター
施術料金は施術範囲、施術内容によって個々に決めております。
傷跡治療の場合5.3万円(税別)~

ダウンタイム
強い赤み:1週間ほど
かさぶた:体の場合2週間ほど
内出血:2週間ほど
淡い赤み:1-2か月

リスク:治療への反応は体質や重症度、部位などによって個人差があります。1回の施術では効果が得られない場合があります。

投稿日:2018年4月27日|カテゴリ:傷跡その他, 院長コラム