ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【手足・わき】多汗症の塗り薬と注射について

【手足・わき】多汗症の塗り薬と注射について

これから暑くなり手足やわきの汗、においが気になってくる方も多いかと思います。

当院では以下の商品および院内調剤品を販売しております

左:D-tube 制汗クリーム 1800円(税別)
真ん中:D-bar 制汗スティック 1500円(税別)
右:院内調剤品(アルミニウム・エタノール・銀配合)30ml 1500円(税別)

 

 

 

 

左の制汗クリームは手足に、真ん中の制汗スティックはわきにおすすめです。どちらも軽い制汗効果と消臭効果があります。
制汗の効果は右の院内調剤品と比べると弱いので重度の多汗の方、わき汗を止めたい方には右側の院内調剤品がおすすめです。

院内調剤品はアルミニウム、銀、アルコールにアレルギーがある方、かぶれやすい方、皮膚が弱い方にはおすすめしませんが、制汗効果は高いものになっています。就寝前に1日1回使用し朝軽くふきとるか洗い流してください。日中においが気になるようであれば他の制汗クリームや制汗スティック、スプレーなどと併用いただいてもかまいません。2週間以上連日使用していただきますとかなり効果を実感していただけますので、その後は週1回から数回に頻度を減らしてもかまいません。

また、期間限定の効果にはなりますが、汗をおさえる多汗症の注射としてボトックス注射も行っています。
多汗症・ボトックス注射(両わき) 1回7.3万円(針麻酔代込、税別、診察料別途)

ボトックス注射は3-6カ月で効果がなくなりますので、汗が多くなる夏前に注射していただけますとよいかと思います。

 

投稿日:2018年4月6日|カテゴリ:多汗症・わきが, 院長コラム