ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【皮脂酸化抑制・低刺激】抗酸化ファンデーション取り扱い開始

【皮脂酸化抑制・低刺激】抗酸化ファンデーション取り扱い開始

これまで当院では基礎化粧品は院内調剤で私が作成した以下のものをおすすめしておりました。

・美容化粧水(両親媒性ビタミンC・ビタミンEなど配合)

・乳液(ヒトセラミド・ヘパリン類似物質・ビタミンBなど配合)

・クレイクレンジング

・クレイ石鹸

・セラミドクリーム(ヒトセラミド配合)

これらは肌トラブルを軽減するため、肌に刺激のでやすい成分は極力除いて有効成分を中心に配合しております。敏感肌の方でも使えるかと思います。(それでもアレルギーが生じる可能性はゼロではありません)

しかし、女性の皆様は下地、ファンデーション、ポイントメイクなどの化粧をされますので、これらが落としにくい、毛穴を埋め込む、刺激のある成分(アルコールなど)が成分表の上位にあるものなどを使用されますと結局肌トラブルの原因となります。

毛穴を気にするにもかかわらず、毛穴を隠すカバー力の高いメイクをし続ければオイルクレンジングなど脱脂力の強いものを使う必要がでてきます。当院では毛穴のお悩みに対する施術は行っておりますが、普段のスキンケア、メイクをしている期間の方が圧倒的に長いわけです。施術のみで毛穴の開き、漏斗状の変形はよくなるわけではありません。

漏斗状の毛穴とは皮膚表面が漏斗のように広がっている状態です。皮脂の酸化が原因と言われていますが、オイルクレンジングやリキッドファンデーションなどを使用されている方、肌の乾燥が顕著な方で目立つ傾向にあると思います。

これまでは毛穴トラブル、ニキビを繰り返す方にはファンデーションはパウダーファンデーションやルースパウダーなど肌に優しいものにしてくださいとお話しておりましたが、何を使ったらよいかまではおすすめしておりませんでした。

 

 

 

 

このたび、フラーレンという抗酸化力の高い成分を配合し、かつ肌負担がほとんどないミネラルファンデーションの取り扱いをすることになりました。成分はマイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、シリカ、グンジョウ、フラーレンのみのシンプルなものでSPF15、PA++になっております。

また、低刺激な下地、サンスクリーンも取り扱いいたします。ご興味がありましたらサンプルもございますのでお声がけください。

このラインナップはカバー力のあるものではありませんが、なめらかでしっとりした使用感になっていると思います。石鹸でも落ちますのでクレンジングはポイントメイク以外は強いものは必要ありません。

ご希望の方はクリニックまでご相談ください。遠方の方はあらかじめお電話いただけましたらお取り置きいたします。