ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【ニキビ跡】サブシジョンRF機器が増えました

【ニキビ跡】サブシジョンRF機器が増えました

サブシジョンRFは元々スムースライナーというカニューレあるいは絶縁針を用いた機器がありましたが、このたびもう1台別の機器を導入しました。すでに複合的治療Bで必要な方やモニターの方には使用しています。

原理的にはスムースライナーと変わりありません。施術する側の使い勝手の問題ですが、より真皮の浅い部分まで治療できるようになりました。同じサブシジョンRFでもカニューレとニードルとでは加熱できる深さも違いますし、赤みもニードルの方が強くでます(ダウンタイムは伸びます)。許容できるダウンタイムやニキビ跡の形状は皆様それぞれ違いますので必要な方を使用していきたいと思います。カニューレを使うかニードルを使うかは相談の上で決めます。

申し訳ございませんが、複合的治療AにはサブシジョンRF(ニードル/カニューレ)は含まれません。複合的治療AはTCA、CO2(炭酸ガス)フラクショナルレーザー、プラズマ治療(手作業)、針のサブシジョン、成長因子導入(エレクトロポレーション)の構成となっております。治療範囲がニキビ跡に限局していることと消耗品が比較的少ないため、複合的治療Bとは料金差があります。導入の内容にもAとBとでは違いがあります。

 

投稿日:2018年2月24日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム