ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【シミ】ライムライト+アキュティップの2回施術の経過

【シミ】ライムライト+アキュティップの2回施術の経過

シミ治療にはレーザー治療と光治療(フォトフェイシャル、IPL)がありますが、ライムライトもアキュティップも光治療になります。

ライムライトで全体の施術を行い、アキュティップでピンポイントの施術を行います。アキュティップはポイント照射なので、より強い光を照射することができますので反応がよくなります。

だいたい月1回程度の施術がおすすめですが、ビタミンCやトラネキサム酸の内服やハイドロキノンの外用、サンスクリーンの徹底も必要になります。

光治療はレーザー治療と異なり、テープを貼る必要はなく直後からメイクも可能ですが、月1回ペースで繰り返し行う必要があります。

下の写真のシミは一部ADMというレーザー適応のシミもあるのですが、それ以外のシミ、くすみは改善しているように思います。
ご希望される方には専用のコンタクトを着用していただき、目元ぎりぎりまで施術することもできます。

施術前→2回施術後

投稿日:2018年2月8日|カテゴリ:アンチエイジング, 院長コラム