ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【大人ニキビ】マイクロニードルRF+αの経過

【大人ニキビ】マイクロニードルRF+αの経過

炎症性ニキビ(赤ニキビ)→ニキビ後の赤みや腫れ→ニキビ跡(瘢痕)と放置すれば治りにくいニキビ跡になるのですが、

ニキビの炎症を抑えるのは保険診療でもある程度治療可能です。各種抗生剤や過酸化ベンゾイル(ベピオ)でも抗菌作用があります。しかし中には耐性菌のせいで全く無効な方や菌を抑えても腫れや赤みがだらだらと続く方がいらっしゃいます。アダパレン(ディフェリン)や漢方での治療も併用しますが、肌に合わない方も残念ながらいます。漢方もある程度長めに内服しないとはっきりした効果として現れませんので補助的治療として用います。

通常の保険診療で難治の方にはケミカルピーリングやフォトフェイシャル(光治療)などの自由診療もおすすめしますが、皮脂分泌が過剰でなかなか難渋する方もいらっしゃいます。当院ではプラズマ治療や光治療を行えば、どんな炎症性ニキビであっても熱作用で殺菌・鎮静化することはできます。ご来院時に存在する赤いニキビは改善させることはできますが、顔には無数のうぶ毛が存在しますので再発をおさえていくには全顔を施術する必要があります。

ニキビはストレスや寝不足などの際にたまにしかできない方もいれば毎月必ずできてしまう方もいます。毎月のようにできてしまう方でもしも通常の保険診療で改善が得られない方はニキビ跡の形成のリスクが高まってしまいます。

マイクロニードルRFは極細針ついた先端を全顔にあてて高周波で深部を加熱するものです。当院のものは36本の針がついたものを使用していますが、これでもすべてのうぶ毛に作用するわけではありませんので3-5回とある程度回数を繰り返す必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

下のモニター様は各種保険診療を受けられ、難治であったため当院でご来院されました。
当院で行ったのは
・漢方の変更と外用剤の処方(保険診療)
・グリコール酸クリーム(WiQoクリーム)の使用:過去にディフェリンが合わなかった既往があるため
・マイクロニードルRF+一部プラズマ治療+エレクトロポレーション(マルチビタミン導入)

です。

以下1回の施術から1カ月の経過ですが、1回だとだいたいこれくらいの変化です。大きく深部にこもったようなニキビが減って、ニキビの新生が減り、皮脂の分泌量が少し減ります。もう少し継続していくと徐々にニキビの再発を抑えていくことができます。ある程度おちついたらフォトフェイシャルなどで赤み(血管拡張)の治療も行うときれいな肌になっていくかと思います。

施術前→1回施術後

投稿日:2018年1月18日|カテゴリ:ニキビ, ニキビ跡, 院長コラム