ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

ニキビ跡をぼかす治療とはどういうことか

ニキビ跡をぼかす治療とはどういうことか

ニキビ跡は瘢痕組織です。植皮でもしない限り、これが消えることはありません。

よく私はニキビ跡治療は最終的にはぼかす治療だと書いています。ニキビ跡で代表的なフラクショナル系の治療ははぼかし治療だと思います。ただ、最初からこの治療をすると効率が悪すぎて軽く3年・・5年・・・10年と延々と治療期間がかかってしまいます。

治療がすすんでいくと瘢痕は浅くなっていきます。そのうちよくわからなくなる瘢痕もでてきます。しかしシビアな目で見るとニキビ跡が消えたわけではありません。質感が近くなり、皮膚の高さがそろって目立たなくなっているだけです。

このぼかし効果はニキビ跡が小さいほど効果が高いと思います。レーザーアブレ―ジョン後のニキビ跡はその周囲も面で瘢痕化しますので範囲が余計に広くなります。面積が広くなってしまうほど、ぼかし効果がでにくいように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2017年12月28日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム