ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【繰り返す大人ニキビ】マイクロニードルRF+αの経過

【繰り返す大人ニキビ】マイクロニードルRF+αの経過

 

 

 

 

毎月、月経前の2週ほどの期間でニキビを繰り返す女性は多いです。この時期はホルモンバランスの関係で女性はニキビができやすいです。

ストレス、メイク・メイク落としなど他の要因も関連することもあります。ニキビを繰り返し、炎症が持続するとニキビ跡(クレーター、凹み)が形成する可能性が高くなります。

通常の保険診療のニキビ治療が無効の場合、イソトレチノイン、ピル、降圧剤(アルドステロン)などを内服する方もいらっしゃるかと思います。当院ではこれらの内服処方はしておらず、施術で皮脂腺をダイレクトに焼灼する施術を行っています。

マイクロニードルRFとはハンドピール先端についた細い針を患部にあてて高周波を照射するものです。皮膚表面はほとんどダメージなく深部を加熱します。うぶ毛は顔面に無数に存在しますので1回で終わるものではありませんが、3-5回ほど繰り返していくと徐々にニキビができにくくなっていきます。漢方やディフェリンゲルなど保存的治療も継続していくことでより効果を高めることができます。

施術時に炎症性ニキビがある場合にも施術は可能で、ポイントでプラズマ治療を行うことで速やかに炎症を鎮静化させます。

ある程度ニキビができにくくなれば、その後はケミカルピーリングやフォトフェイシャルなど軽い治療を定期的に継続することで肌質をよくしていくことができるかと思います。

投稿日:2017年12月19日|カテゴリ:ニキビ, ニキビ跡, 院長コラム