ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【毛穴治療】フラクショナルレーザーVSプラズマ治療(私見)

【毛穴治療】フラクショナルレーザーVSプラズマ治療(私見)

毛穴の変形、凹凸、開きなどでフラクショナルレーザーを行うクリニックもたくさんありますが、当院ではプラズマ治療をメインで施術しています。私も以前はレーザーで毛穴治療をしていたことはあります。実際どちらがよいのか3回ずつ施術した経過を比較検討したいと思います。

CO2フラクショナルレーザー
施術前→3回施術後

 

 

 

 

 

 

 

プラズマ治療
施術前→3回施術後

 

 

 

 

 

 

 

結論から言うと両方とも毛穴自体は縮小しています。ただ消えてなくなるということは物理的にあり得ません。

フラクショナルレーザーはどちらかというと瘢痕様(光沢のある)の硬い皮膚になり色素沈着がけっこう残りやすい印象があります。レーザーを強く施術すればそれに比例して毛穴もよくなると思っている患者様もいますが、一定の条件を超えると異質な肌質になっていくケースも多々あるのではないでしょうか。

プラズマ治療は肌質がむしろきれいになり、色むらやキメも改善しているように思います。これは好みなのかもしれませんが、私はプラズマ治療の方が毛穴治療にはよい印象を持っています。レーザーは当院にもありますが毛穴治療には使用しておりませんのでご了承ください。

現在当院で行っている毛穴複合プラン(ヘビー)もプラズマ治療をメインとした治療になっていますが、ダウンタイムは赤みが3日前後ですのでCO2フラクショナルと比較するとかなり軽いものになっております。数日赤みが出るとまずい方、軽い毛穴のお悩みの方は毛穴複合プラン(ライト)もございますのでお気軽にご相談ください。

 

投稿日:2017年12月7日|カテゴリ:ニキビ跡, 毛穴, 院長コラム