ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

ニキビ跡治療はいつ終わるのか・・・何回かかるのか・・・

ニキビ跡治療はいつ終わるのか・・・何回かかるのか・・・

ニキビ跡治療ばかりしていて思う事ですが、治療の終盤(治療の限界)に近づくにつれて1回の施術での改善の度合いはわずかになっていきます。

ニキビ跡の凹みが100→10まで改善すればかなり満足度は高いでしょうが、10→9まで改善してもほとんど変わらないと皆様は思われるでしょう。実際には100→10の過程よりも10→0(完全なフラット)の過程の方がはるかに難しいと個人的には思います。

施術前→施術後
ある程度の重症度をもった方であれば目に見えた変化としてわかりやすいです。

細かい瘢痕の角がとれてわずかなキメの乱れ、毛穴などがメインになっていきます。

 

 

 

 

 

 

施術前→施術後
しかし、過去に何度もハードな治療を受けてこられた方もたくさんいらっしゃいます。ニキビ跡としては軽症ですが、微妙に波打つような全体のキメの乱れは治療しても1回の改善度はほんの少しずつです。

 

 

 

 

 

 

 

老化とともに皮膚はたるみ、毛穴も広がり、キメも乱れます。ニキビ跡治療もアンチエイジング治療もゴールがあるようでないです。すっきり終わって満足されればよいのですが、しばらくするとまたどこかが気になってきます。ニキビ跡が瘢痕である以上、どこまでいっても正常皮膚とは質感・硬さ・色調などが異なりますので完璧な治療などないと思います。

当院では重症ニキビ跡の方でもだいたい治療回数の目安は6回-10回程度です。ある程度改善したら、その先は半年に1回ハードな治療をされる方もいますし、定期的にPRXピーリングなどをされる方もいます。

私個人は長い目でみると、1回の施術効果は軽微であっても定期的に月1回程度のメンテナンス治療を継続した方がよい肌状態(キレイな肌)にできるように思います。

投稿日:2017年12月2日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム