ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【ニキビ跡】レーザーアブレージョンを受けられる方へ

【ニキビ跡】レーザーアブレージョンを受けられる方へ

アブレージョンと言ったら、以前はグラインダーやヤスリなどで物理的に削るものもありましたが、近年ではレーザーアブレ―ジョンが主流となっています。TCAピーリングも化学的なアブレ―ジョンですが、高濃度のものは広範囲では行わず、ピンポイントでニキビ跡の部分にだけ使用するCROSS法が用いられています。

レーザーアブレ―ジョンは主に深いボックスカー型を対象としたハードな治療です。アイスピック型は深部がかなり深いのでそこまで削るのはなかなか難しいですし、ローリング型の癒着剝離はできません。つまりボックスカー型の角を削り、周囲との皮膚の境をなだらかにする治療です。従ってニキビ跡(瘢痕)周囲の正常皮膚も一部削る治療です。浅く削った部分はほとんど正常に近いレベルまで回復しますが、深く削った部分は瘢痕化します。

アブレージョン(培養表皮移植も含めて)を過去(5-10年前)に施術された方は当院にも何人もいらっしゃいますが、多くの方は実際、ニキビ跡自体は改善しています。

しかしなだらかにはなっても肌の質感が違うこと、瘢痕の範囲が広がっていること、微妙に波打つ形状になっていること、アイスピック型やローリング型が解消されていないことなどを気にされています。アブレ―ジョンを受けて治療が終わるはずが、実際にはまだ肌で悩まれているのです。

アブレ―ジョンはおそらくニキビ跡治療の中では最大級にダウンタイムがきつい治療でしょう。3ヶ月は強い赤みがでて、その後も半年から数年のレベルで淡い赤みが持続します。ちょっとした刺激で赤みがでやすい敏感肌の状態となります。アブレ―ジョンした部分は毛穴もキメも消失します。

凹凸をなくすという目的だけならレーザーで面で削れば補正することはできます。しかし、後々の肌質の低下を了承した上で慎重に施術されるべきかと思います。アブレ―ジョンで瘢痕化した部分はニキビ跡の瘢痕と同様に残念ながら正常な皮膚組織には戻りません。

近年ではフラクショナルレーザーやマイクロニードルセラピー以外にもいろんな治療が出てきています。レーザー治療はフラクショナル(点状照射)で健常皮膚を介在させているから後遺症を残さずにダウンタイムを短くできるのです。(かと言って弱すぎる治療は回数がかかりすぎるだけで効果を伴わず、やはり問題だと思いますが)ただ、レーザーの精度の進歩でかなり高出力高密度で治療してもダウンタイムが軽く済む機種も出てくると思います。

なお、当院では現在はプラズマ治療をメインとしており、フラクショナルレーザーは補助的にしか用いておりません。メニュー化もしておりませんのでご了承ください。

投稿日:2017年12月1日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム