ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【ニキビ跡治療】フラクショナル系治療のデメリット

【ニキビ跡治療】フラクショナル系治療のデメリット

フラクショナル〇〇という施術はいくつかありますが、何らかの手段で点状の傷をつけて少しずつコラーゲン増生を促す治療です。1回の施術で〇〇%の肌が入れ替わるとよく書いてあります。〇〇%の密度で傷をつけるのは間違っていませんが、その傷をつけた部分が正常皮膚レベルまで改善し平坦に近づくかどうかは別だと思います。

フラクショナルレーザー
フラクショナルRF
マイクロニードルRF
マイクロニードルセラピー(ダーマペン、ダーマローラー、ダーマスタンプなど)

炭酸ガス(CO2)フラクショナルレーザーを目立ったニキビ跡だけにポイント打ちをすると下のようになります。丁寧に照射したつもりですが、微小なニキビ跡に果たしてどれだけのレーザーがあたっているでしょうか。全顔をなんとなく施術したとしたらよくあたっていないニキビ跡もでてくると思います。この類のレーザー治療をいくら繰り返しても全体の肌のハリはでても肝心のニキビ跡の改善度はイマイチでしょう。

ニキビ跡に照射している範囲に比べて正常皮膚にあたっている範囲の方が圧倒的に広いのですから、高出力高密度でハードに治療し続ければ、光沢のあるビニール肌のようになったり、赤ら顔になったり、皮膚が異常に硬くなったりするのは当然だと言えます。ニキビ跡をレーザーアブレ―ジョンすれば瘢痕の範囲は広がりますし、半年~年単位のダウンタイムが付きまといます。私はニキビ跡のレーザー治療を否定も肯定もしていませんが、レーザー治療は使い方次第で大きく効果が異なると思います。スタッフ施術のクリニックもよく聞きますが、何回繰り返しても効果に乏しいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

プラズマ治療(手作業)、TCA(CROSS)、サブシジョン、イノジェクターなどは瘢痕部を重点的に施術するピンポイントの施術です。当院では主に全顔を施術するものとニキビ跡(ピンポイント)をしっかり施術するものを組み合わせて施術しています。当院でプラズマ治療、マイクロニードルRFなどの単独治療を行う際にサブシジョンが必要なケースがありますが、その場合は無料で行っております(内出血がでますのでご希望がない場合は行いません)

複合的治療には複数の施術が入っていますが、ニキビ跡の形状によって施術を使い分けているだけで1個のニキビ跡にすべての施術を行うわけではありません。1つの施術に消耗品(コスト)はつきものですが、この複合的治療に関しては範囲によらず一律料金で行っています。ただ、オプションで幹細胞培養液のエレクトロポレーションを使用した場合には追加料金をいただいております。

複合的治療は現在
・ニキビ跡周囲のみを重点的に治療する施術(複合的治療A)
・ニキビ跡も含めて広範囲を隈なく治療する施術(複合的治療B)
に分けて行っていますが、

複合的治療Aには毛穴治療や肌質改善は含まれておりません。あくまでニキビ跡に焦点をしぼった治療ですのでご了承ください。施術内容については別の記事をご参照ください。

投稿日:2017年11月24日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム