ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

当院の陥入爪治療(矯正ワイヤー、フェノール法)

当院の陥入爪治療(矯正ワイヤー、フェノール法)

当院では
①陥入爪矯正ワイヤー 自由診療
②陥入爪手術(フェノール法) 保険診療

を行っています。

毎日革靴や先端のきつい靴を履かれたり、深爪を繰り返しますと足爪の特に親指の爪の側面が巻いてきます。

巻いた爪が指の皮膚の部分に刺さり、痛みを伴い、発赤・腫脹、だんたん赤い肉芽腫が盛り上がってきます。

軽症であれば陥入爪のテーピングや綿をつめるなどして何とか痛みをやわらげることができますが、症状が強くなってくると何らかの施術が必要になってきます。

当院の陥入爪矯正ワイヤーは爪先端に2か所穴をあけてワイヤーを挿入するものです。数カ月間はワイヤーを入れっぱなしになります。この施術は麻酔が不要な施術です。爪が伸びてきたり、爪が割れてワイヤーがはずれたら再挿入します。

さらに症状がひどくなると感染を繰り返したり、赤い肉芽腫ができて激しい痛みを伴うようになります。陥入爪手術は巻いている部分の爪を根元から抜去してしまい、フェノールで腐食させ爪が生えてこなくする手術です。これは足指の麻酔が必要になります。巻いている部分の爪がなくなってしまうので爪が細くなってしまうという欠点があります。

 

投稿日:2017年11月13日|カテゴリ:保険診療, 全てのお知らせ, 院長コラム