ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【保湿・外用処方薬】ヒルドイド、ビーソフテンについて

【保湿・外用処方薬】ヒルドイド、ビーソフテンについて

ずっと以前からヒルドイドもビーソフテンも保険診療で処方される保湿剤でメジャーなものです。
近年色んな美容雑誌などで紹介されて以来、美容目的で使用する方が急増してしまったことが問題となりTVやネットでも話題になっています。残念ながら将来的に処方の制限がされる可能性があります。

探せば市販薬にもアットノン、HPクリームなどヘパリン類似物質含有のものはいくつかあります。

 

さて、ヒルドイドにはヒルドイドローション、ヒルドイドクリーム、ヒルドイドソフト軟膏があり、ビーソフテンにはビーソフテンローション、ビーソフテンクリームがあります。これらの主成分はすべてヘパリン類似物質で濃度は0.3%です。

実際にはヘパリン類似物質スプレーなど他にもいろんなメーカーからいろいろ似たような製剤はありますが上記のものだけ記載します。

このヘパリン類似物質の作用は主に血行促進、角質水分保持、線維芽細胞増殖抑制です。そのため乾燥性の湿疹、しもやけ、手荒れ、内出血、肥厚性瘢痕・ケロイドなどで処方されます。

添加物には違いがあり、
ヒルドイドローション:
グリセリン、ステアリン酸、水酸化カリウム、白色 ワセリン、ラノリンアルコール、セトステアリルア ルコール、セトステアリルアルコール・セトステア リル硫酸ナトリウム混合物、ミリスチルアルコール、 チモール、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ 安息香酸プロピル、イソプロパノール

ヒルドイドクリーム:
グリセリン、スクワラン、軽質流動パラフィン、セ レシン、白色ワセリン、サラシミツロウ、グリセリ ン脂肪酸エステル、ジブチルヒドロキシトルエン、 エデト酸ナトリウム水和物、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル

ヒルドイドソフト軟膏:
グリセリン、白色ワセリン、スクワラン、セタノー ル、還元ラノリン、セトマクロゴール1000、モノス テアリン酸グリセリン、パラオキシ安息香酸エチル、 パラオキシ安息香酸プロピル、カルボキシビニルポ リマー、ジイソプロパノールアミン

ビーソフテンローション:
カルボキシビニルポリマー、ヒプロメ ロース、ポリオキシエチレンポリオキシ プロピレングリコール、1,3 – ブチレング リコール、グリセリン、トリエタノール アミン、パラオキシ安息香酸メチル、パ ラオキシ安息香酸プロピル

ビーソフテンクリーム:
セタノール、ワセリン、流動パラ フィン、ミリスチン酸イソプロピ ル、ステアリン酸マクロゴール、 パラオキシ安息香酸ブチル、パラ オキシ安息香酸メチル、プロピレ ングリコール、D-ソルビトール

 

添加物を比べても成分も濃度順はけっこう異なります。私個人はヒルドイドソフト軟膏(体)やヒルドイドローション(顔)を処方することが多いですが、ビーソフテンはよりさらっとした使用感ですので夏場などはそちらを希望される方もいます。薬局でジェネリックを希望されると他の商品名のものになることがあります。主成分が同じでも基剤や添加物の違いで、使用感も保湿力も全く違うように思います。

 

当院のオリジナルでもセラミド含有の乳液とクリームを販売しておりますが、これからの季節は乾燥が強くなり、保湿をさぼると皮脂欠乏性湿疹の原因にもあります。質のよい保湿剤でしっかり保湿していくことは皮膚のかゆみ防止だけでなく、アンチエイジングにとっても重要だと思います。