ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【ニキビ跡・傷跡】紫外線の強い夏も終わり・・・

【ニキビ跡・傷跡】紫外線の強い夏も終わり・・・

夏にもかかわらず多くの患者様にご来院いただきまして誠にありがとうございました。

ニキビ跡治療は顔面にわざと傷をつけクレーター状の凹凸変形を補正していく作業ですが、一部の施術を除き炎症が起こります。炎症の赤みが落ち着いた後に炎症後色素沈着(黒ずみ)や炎症後紅班(淡い赤み)が残ります。施術後に生じるかさぶたを無理にはがしますと確実にダウンタイムが伸びますので愛護的にスキンケアをお願いいたします。

施術が終わり、次の施術までの間は紫外線対策(日焼け止め)をしっかり行っていただきます。夏でも冬でも紫外線は出ています。通常の日常生活を送る程度であればSPF30もあれば十分です。

秋に入り、続々と半年ぶり・一年ぶりの施術を受けに来られるリピーター様もご来院されるようになりました。開院して半年になりますが、ありがたいことです。

夏は控えめに治療されていた方も秋以降はよりハード目に治療できるかと思います。皆様のご予約をお待ちしております。

投稿日:2017年10月26日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム