ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【ニキビ跡】イノジェクター単独とプラズマ治療併用(複合)の比較

【ニキビ跡】イノジェクター単独とプラズマ治療併用(複合)の比較

イノジェクターは基本的に複合的治療の一部として使用している補助的な治療ですが、イノジェクター単独治療の経過とプラズマ治療を併用した経過を比較してみていきたいと思います。

イノジェクター単独治療のダウンタイムは内出血とその後の色素沈着や赤みがメインになります。瘢痕を物理的な圧力でひきさき、軽く剥離するような治療だと思います。マイクロニードルセラピーなどと同様にかなりの回数を繰り返し行う類の治療です。

ボックスカー型やアイスピック型をポイントでみていくとプラズマ治療やTCA(CROSS)と比べるとだいぶ効果的には落ちますが、肌質がなんとなくよくなったように見えます。(単独治療では残念ながらその程度です)やや改善してはいるものの実感として改善したと感じにくいように思います。

施術前→イノジェクター単独5回後

施術前→イノジェクター5回後

イノジェクターにプラズマ治療を2回併用して行いましたが、ずいぶん改善しているように思います。

施術前→イノジェクター5回、プラズマ治療2回後

 

こちらもイノジェクターにプラズマ治療を1回併用していますが改善しています。

施術前→イノジェクター5回、プラズマ治療1回後

複合的治療でもイノジェクターはポイントで補助的に使用していますが、レーザーやプラズマ治療、スムースライナーなどとも機序が異なります。ニキビ跡治療は角がとれ、浅くなり、治療がすすむにつれて「なんとなくくぼんだニキビ跡がある」「波打つような形状の皮膚」になっていきます。うまく組み合わせることで、よりぼかし治療に活かせたらと思います。

投稿日:2017年10月19日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム