ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

ニキビ跡よりもキメ・毛穴の修正の方が時間がかかる

ニキビ跡よりもキメ・毛穴の修正の方が時間がかかる

ニキビ跡治療をしていくうちにニキビ跡はだんだん浅くなっていき、毛穴の変形・開大やキメの乱れの方が気になってきます。

下のモニター様はプラズマ治療+αで3回の変化ですが、細かいニキビ跡は浅くなっています。最終的にきれいな肌質にしていくにはキメ、毛穴、色むらなども均一にしていく必要があります。

この全体的な肌質の改善は半年から年単位でみていく必要があります。皮脂・ニキビのコントロール、過剰なクレンジング・洗顔を控える、紫外線予防、保湿など日々のスキンケアも大事になってきます。

ニキビ跡治療を繰り返していくとどうしても炎症後色素沈着がでてしまいますので、ニキビ跡がある程度落ち着いてきたらピーリングやフォトフェイシャルなど定期的なメンテナンス治療への切り替える時がくると思います。

施術前→3回施術後

投稿日:2017年10月15日|カテゴリ:ニキビ跡, 毛穴, 院長コラム