ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【目元のアンチエイジング】プラズマアイについて

【目元のアンチエイジング】プラズマアイについて

目元の小じわ、ハリ、たるみなどには当院ではプラズマ治療をしますが、機械作業よりも手作業のプラズマ治療(プラズマアイ)の方がダウンタイムは長めになります。炭酸ガスフラクショナルレーザー同様にそれなりに赤みとかさぶたがでます。

もちろんダウンタイムを気にされる方には機械作業のプラズマ治療も行っています。

1年半前→現在
割とよい状態で維持できているように思います。上まぶたの余剰皮膚については少し重たい感じが戻ってきたので
再度プラズマアイをしました。

施術直後(プラズマアイ)
こんな感じで赤みと軽度の腫れ、点状のかさぶたができます。
現在使用しているプラズマ機器は先端が細かいので赤みは割と早めにひきます(赤み1-3日)

しばらくは水洗顔にしていただき、メイクはかさぶたがとれる5日目以降にしていただいております。
料金についてはHPの自由診療料金表のプラズマ治療(アンチエイジング)をご覧ください。

投稿日:2017年9月30日|カテゴリ:アンチエイジング, 院長コラム