ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【軽症ニキビ跡】PRXピーリングはおすすめ

【軽症ニキビ跡】PRXピーリングはおすすめ

重症ニキビ跡であればその形状によってはプラズマ治療、スムースライナー、TCA(CROSS)などが効果的です。

治療がすすむにつれていずれ凹凸は軽度になっていきます。しかし、ほんのわずかな皮膚の高さのずれでも光の当たり具合によっては目立ってしまうため多くの方が気にされます。

ニキビ跡治療の初期の頃はボックスカー型の角がとれてきたり、瘢痕の底が浅くなってきたりすると皆様はよくなってきていると実感できることがあると思います。

しかしニキビ跡治療の終盤、あるいは元々軽症の方の場合ですと1回施術による変化量も微々たるものです。この時期に仕上げ治療で軽めにプラズマ治療もできますが、PRXピーリング(新型の低濃度TCAピーリング)でも同じくらいの効果はでるように思います。最近では複合的治療の一部に組み込むこともあります。

PRXピーリングは真皮コラーゲンを刺激するケミカルピーリングです。添加物のおかげでTCA33%を含みながら白くなりませんし、赤みもほとんどでません。効果はノンアブレーティブな軽めのフラクショナルレーザーにも匹敵し、かつ痛みもダウンタイムもありません。もしも月1回通院が可能であればPRXピーリングもありだと思います。たかがピーリングと思われる方もいるかと思いますが、何より施術費用を抑えられますし、コスパがよいので個人的におすすめです。

 

投稿日:2017年9月19日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム