ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

【顔の部分やせ】BNLS neo(腫れにくい脂肪溶解)注射始めます

【顔の部分やせ】BNLS neo(腫れにくい脂肪溶解)注射始めます

BNLSネオは植物由来成分(従来のBNLS成分)+デオキシコール酸(従来の脂肪溶解注射成分)を配合した注射です。

脂肪溶解、代謝促進、ひきしめ作用、むくみ改善、血液・リンパの流れを促進することで部分痩せの作用を発揮します。

従来の(腫れる)脂肪溶解注射には主にデオキシコール酸とホスファチジルコリンが含まれているのですが、効果はあるのですが1週間ほど腫れてしまうのが欠点でした。BNLSは植物由来の成分からなり、徐々に効果が現れ腫れにくいのが特徴でした。

BNLSネオには腫れと熱感のでやすいホルファチジルコリンは含まれておりません。デオキシコール酸は脂肪細胞を確実に減少させ、セルライトも減らします。早いと3日くらいで効果を実感できます。BLSネオはBNLSと脂肪溶解注射のメリットを合わせたような製剤になっています。

当院では先の丸いカニューレを使い皮下脂肪に広く注射していきますので1部位に針跡が1つで済みます。

施術間隔は2週おきに3回以上をおすすめしております。(4週に1回程度の方もいらっしゃいます)

1回注射量の目安はだいたい
片頬3cc~
フェイスライン2-4cc
あご下3-5cc

頬からあご下まで注射すると1回10mlくらいになります。

 

BNLSネオの施術料金(以下、税別)
1mlで4500円
10ml(1バイアル)で4万円

カニューレ代1回あたり1000円、診察料は別途

投稿日:2017年10月23日|カテゴリ:アンチエイジング, 院長コラム