ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

ニキビ跡治療のオリジナリティについて

ニキビ跡治療のオリジナリティについて

ニキビ跡治療にとって重要なのは
①ニキビ跡の形状・種類の鑑別
②ニキビ跡の形状ごとの施術の選択
③施術方法

①については初診のときに視診と触診で行うのですが、けっこう見慣れてないとわからないと思います。皮膚科専門医あるいは形成外科専門医で、かつ傷跡治療に特化している方がベターでしょう。皆様も様々なクリニックでレーザー治療などを受けられるかと思いますが、施術者とその方の専門、機械の種類くらいは確認されたらよいかと思います。

②については①の後にどのような類の施術がいいか選択します。この際にある程度バラエティに富んだ治療選択肢がないといけないと思います。表面を削る類の治療、表面を削らずに深部加熱する類の治療、剝離する類の治療、補助的治療など色々あるかと思います。私は一つの治療ではなかなか対応できないケースが多いと思っているので複合的治療を行うことが多いです。当院ではより幅広い症例に対応すべく機械の選定をいたしました。

③について、同じ治療を別の施術者が行うとどうなるか。全然違うと思います。全自動の機械任せだけなら誤差は少ないですが、機械任せだけで治っていれば誰も苦しんではいないと思います。手作業の施術であればあるほどその違いは大きくなっていきます。私がずっと行ってきたプラズマ治療、スムースライナーなどは技量と労力を要する治療ですので未経験者がいきなり始めても、まずうまくいかないでしょう。どこの層に、どのポイントで、どういう出力調整で、などはやり慣れている医師しかわからないことです。

私は独自の視点からニキビ跡治療を組み立ておりますが、今後もなるべくよいものに改良したいと思っています。1回でも少ない回数でご満足いただけるよう今後も精進していきたいと思います。

投稿日:2017年4月11日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム