ニキビ跡 クリニック こじまクリニック東京 | 中央区八丁堀 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 宝町駅より徒歩3分 ニキビ跡 肉割れ 毛穴治療

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目2-5 八丁堀医療ビル4F

03-3206-2822 自由診療予約はこちら

診療時間

午前 10:30~13:00

午後 14:00~19:30

15分前に受付終了

休診日:水曜、日曜、祝日

ボックスカー型ニキビ跡の治療考

ボックスカー型ニキビ跡の治療考

ボックスカー型も深いものですと、フラクショナルレーザーになかなか反応しません。重症ニキビ跡の方はこの深いボックスカーがあることが多いです。

このタイプは角がくっきりできて面積も広いものもあるので、アブレージョン治療がされることもあります。しかし深めに削るアブレージョンは健常部にも後遺症を残すことがあるので慎重にしなければなりません。

【当院での治療】
深いボックスカー
パンチ挙上(要相談)
メスやデルマパンチで瘢痕の輪郭に沿って切開を入れて、瘢痕底を周囲と同じ高さまでひきあげる手術です。効果は確実ですが、数ヶ月傷跡に赤みがでます。白い瘢痕としておちつくまで半年以上かかります。

TCAピーリング
回数はかかりますが、短時間に多数の施術が可能です。瘢痕の角がとれてなだらかになるときにサイズが大きく見える時期があります。

浅いボックスカー
プラズマ治療
皮膚の引き締め、収縮効果とコラーゲン増生作用をうまく利用して浅くします。当院では無料オプションとしてサブシジョン(針)がついています。

補助的治療
上記の施術に併せてサブシジョン、イノジェクター、幹細胞治療などを併用して治療効果を高めていきます。

投稿日:2017年4月11日|カテゴリ:ニキビ跡, 院長コラム